リアル毛周期★

  毛周期・・

・・って言葉はよく聞きますよね。

脱毛サロンに行くと必ず説明を受けます。

毛が生えて、伸びて、抜け落ちることを毛の毛周期といい、それぞれの毛はこれを繰り返しています。
毛は終わりなく伸び続けるのではなくて一定期間伸び続けます(これを成長期という)
やがて退行期に入り毛の成長がストップし、休止期と呼ばれる今にも抜け落ちそうな状態になるのです。

私たちが目にしている自分の毛達はみんな同じように見えても実は生えてきたばかりの毛もあればもうすぐ抜け落ちそうな瀕死の?毛もいます。

この瀕死の毛が「休止期」です。もう伸びてなくてくっついているだけなのでカミソリで剃ると、短いままいつまでも伸びずに抜け落ちるのを待っています😥

休止期の毛は身体を洗ったりブラッシングするうちに自然に抜け落ちていきます。
例えば髪の毛は1日に抜け落ちる本数が80~100本と言われています。もちろん、これは抜け落ちるべき休止期の毛。
こういった毛は抜けた毛の毛根をみると白い球のような状態になっています。髪の毛に限らず、例えばまつ毛エクステが取れた場合に一緒にくっついてる根元を見てみてください。白い球がついてるはず!!

当然、ニードル脱毛をしていてもこういう毛があります。
できれば成長期の毛を脱毛するのが望ましいのですが、
毛根の状態までは見えませんので基本的に確実に成長期の毛を選んで処理するということはできません。
なので、抜いてみたら白い球のついた休止期の毛ということもあります。

脱毛士としては確実に脱毛効果のある成長期の毛を処理したいし、成長期の毛がキレイにズルッと毛穴から出てくる瞬間の快楽のために脱毛しているようなものなので、抜けてきた毛が白い球だと「Oh!NO!~😥 って気持ちになります。

毛周期のイラストを本物の毛で★

今日は良い見本になるような毛が処理できましたのでリアル毛周期を撮ってみました。

よくテキストなどで見かける毛周期の絵

毛周期2

リアル毛周期画像 ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真ん中がテンションの上がる「成長期」の毛、一番右の毛が抜けてくるとガッカリする「休止期」の毛です。

表面では同じように見える毛でも毛根の状態は全然違います。

この他にも抜け落ちたばかりでお休みしてる毛穴や、毛が育ち始めてまだ毛穴の中から顔を出していない毛などもあるため、よく言う「表面に見えている毛はほんの一部」というわけです。

実際の毛の量とは

ワキの場合で、実際の毛の量は見えている毛の3倍・・とか説明を受けると思いますが、眉毛などの顔の毛ですと表面に出ている毛の8~10倍の毛が潜んでいます。

特に眉毛などは毛抜き等の処理をしている方が多く、伸ばしきるなんで何年もしていないと思います。なのでいつも見ている毛量なんてほんの一部なのです。
たまに一度脱毛して表面がキレイになると、もう生えてこない気がする・・とおっしゃる方がいらっしゃいますがそんなはずはありません。残念ながらまだまだ毛は生えてきます。

ただし、顔の毛は周期が早いので、いざ永久脱毛を始めると意外と早く完了します。(半年から1年)
1回にかかる時間は眉毛のムダ毛で15~30分くらいです。

まだ眉毛の毛を抜いたり剃ったりしてお肌を傷めてしまっている方は、ぜひ体験コースをお受けになってみてください。 (10分¥2500)

何回か処理してラインが整ってくると、書き足すときなど左右の違いで悩まなくなりますので
とっても楽です😀

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/