シンシアリーの特徴★続き①最短で完了させるための予約の取り方★

永久脱毛は毛周期に合わせた施術が重要

毛には毛周期があって1本1本の毛は毛穴の中で細胞分裂し、成長期→退行期→休止期へとそれぞれ違うタイミングで生え変わりを繰り返しています。

そのため、ご来店していただいた時に、生えている毛が全てではありません。
仮にその時に生えている毛を全て脱毛したとしてもまだ数倍の毛(他の毛穴)が待機しています。
そのため、どの脱毛法でも一定期間通う必要があります。

このことは何らかの脱毛に通っている方はすでにご存知のことと思います。

また、美容電気脱毛(ニードル脱毛)では、1本1本確実に永久脱毛にしていきますがレーザー脱毛や光脱毛と違って、その時に生えている毛しか施術できません。1本1本手作業で毛穴に細いプローブを挿入し毛穴の中を熱凝固させるため、そもそも毛穴がどこにあるかわからないと施術できないからです。

ですから、「今この時に生えている毛を、いかに確実に脱毛するか」が勝負なのです。

せっかく生えている毛を、決して逃してはならないのです😤

それなのに、今日は目立つ毛だけ間引きでとか、時間が足りなくて生えている毛の一部だけを脱毛して「続きは次回にやりましょう」となったら❓❓❓

次回がいつなのかにもよりますが、次に来るまでの間にその毛が成長し終わって抜け落ちてしまうかもしれません。そうすると、その毛穴からまた生えてくる次のサイクルまで待たねばなりません。箇所にもよりますがそれは数カ月~1年近く先になってしまいます💦

そのようなことを繰り返していると、だらだらと脱毛期間が延びます。

効率の良い予約の取り方とは

そのためシンシアリーでは予約時間に制限を設けず、お一人お一人に合わせてご予約を調整しています。生えている毛☄、気になる毛☄は出来るだけその日に取り切れるように🙆

毛穴の中で休止期を終え、また成長しはじめ、やっと表面に出てきてくれた毛、これをご来店ごとに毎回全て確実に永久脱毛すること(=「表面処理」と呼んでいます)で、完了まで最短の期間で済むのです。

実はそのような予約の取り方をしている脱毛サロンは意外と少ないようです。
次回生えてくる毛量を出来るだけ正確に予測しないといけないのですが、これは意外と簡単なようで難しい事なのです😅
そもそも担当制でないと一人一人のお客様の毛量の把握は出来ません。

脱毛したい箇所はお客様によって様々。毛の量も様々。
1回あたりの所要時間は少ない箇所などは15分で終わる方もいれば、毛量が多ければ数時間かかるお客様もいらっしゃいます。

初回に毛量を拝見して「この量ならおよそ〇〇分のご予約で取り切れます」といったように見積が出来るようになるには脱毛士の経験が必要です💪💪💪

また、もっと難しいのは2回目以降に毎回どれくらいの予約時間をとればよいのか?ご来店のタイミングによっても変わってきますし、本来なら誰にも分らないことですが、シンシアリーの場合それは完全に担当脱毛士の経験からはじき出す予想時間なのです。

想定よりも毛量が多ければ時間内で取り切れず、毛量が少なすぎれば予約枠にロスタイムが出ますので出来るだけ正確に予想できるよう努力しています。

※尚、アドバイスさせていただいた時期よりも過ぎてしまったり、あまりにもご来店間隔を空けてしまった場合などは予想困難です。

毛量の多い方への対応

近年、硬毛化のお客様が増えており、背中全体や腕全体が硬毛化してしまった場合は、一気に取り切らないとなかなか進みません。

そのような場合、1回に3~5時間必要な方もいらっしゃいます。有休をとって半日空けて来てくださり、途中でお昼休憩をはさむ場合もあります。遠方からいらしたりで、なるべく短時間で終わらせたい場合は担当脱毛士プラス他の脱毛士で二人同時に施術することもあります💪💪

毛量の多い方の場合などは表面処理を終えるのは最初は大変でも、そのような予約の取り方が絶対に期間短縮できます。

ただし、中には遠方などの理由やご事情でご来店間隔が空いてしまう方もいらっしゃいます。最短でなくても良いから自分のペースで通いたいというお客様もいらっしゃいます。その場合も、もちろん施術した毛穴は確実に永久脱毛になっているので徐々に減っていき必ず効果を実感できます😊

シンシアリーはチケット制ではなく、その都度その日にかかったお時間だけのお支払いです。
担当脱毛士がお客様ごとに適した周期のご提案はいたしますが、あくまでもお客様のご都合、ご予算に合った周期でのご来店をご自身のご判断でご予約いただきます。

お客様それぞれの最適なペース、プランを精一杯アドバイスさせていただきますのでどうぞご安心してご来店ください😊☄☄

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6303-3899
http://www.electrolysis-tokyo.com