カテゴリー別アーカイブ: 脱毛

レーザー脱毛で減りが悪い毛質

レーザー脱毛とは

レーザー光線は、波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用します。
その性質を利用し、脱毛では皮下の毛の色、黒いメラニン色素をターゲットにして行います。
単一の波長なのでターゲットにのみ作用し、表皮やその周辺の細胞を傷つけることもありません。
レーザーを照射すると皮下の黒い毛に熱が吸収され、毛を伝導体として毛包全体に熱が伝わります。
やがてその熱が周囲に広がり、毛の元の細胞となる幹細胞、毛母細胞を破壊(凝固)させた結果、細胞が活動しなくなり毛が生えてこなくなるのです。

産毛は反応が悪い

当然、黒い色の毛出ない場合は反応が悪くなりますし、皮膚の黒い方や黒ずみのある部位も毛だけにエネルギーが集中せず反応が悪くなります。

反応が悪い=充分に温度が上がらず細胞が凝固しない=永久脱毛にならない

一般的には産毛はメラニン色素(黒い色)が少ないので「反応が悪い」と言われています。例えば顔、二の腕、背中、えりあし・・・

このような部位は、毛乳頭が中途半端に温まることで細胞が活性化して「硬毛化」と呼ばれるかえって太い毛になってしまう現象が何割かの人に見られます。

最近では「増毛化」という言葉も聞きますが、実際に当サロンにも二の腕や背中の毛がレーザーを照射したことで、逆に太くなるだけでなく濃く(多く)なってしまった方もたくさんご来店されています。

産毛だった毛が全て太くなる・・・かなりショックなことです。

見た目には黒い毛でもメラニンが少ない毛も反応が悪い

「レーザーが効果が無かった」と言って来店される方の中にはこのような毛質の方もいらっしゃいます。

⇩ 施術して抜けた毛は・・・

赤い毛、茶色い毛が混じっています。
ハーフとか白人の方ではないのに、このような毛質の方がたまにいらっしゃいます。

この写真の方は比較的わかりやすく赤毛が混じっているのですが、どうみても皮膚表面に出ている部分の見た目は黒い毛なのに、毛根部の色が茶色い方もいらっしゃいます。

そればかりか毛根部も見た目には黒く見えるけど、「レーザー照射しているクリニックで抜いた毛を顕微鏡で見てもらったら、あなたはメラニン色素が少ないタイプだから効果が無いと言われてニードルをすすめられました」と言ってご来店された方もいらっしゃいます。

もしもレーザー脱毛を3回くらいしてみても、効果をいまいち感じない「減りが悪い方」はレーザーが合ってないのかもしれません。

電気脱毛(ニードル脱毛)はどのような毛でも、皮膚の色や毛の色に左右されず必ず永久脱毛になります。

余談ですが・・

毛の色に関わらず、8~10回くらい照射してももうあまり変化が無い「減り止まり」を感じたら、それがレーザーで無くす限界なので・・残りの毛は美容電気脱毛(ニードル脱毛)が適切で完了まで早く無くせます。

どのような毛も安心してお任せください。

※注:エステで行う光脱毛(美容ライト脱毛)は、減毛、抑毛効果であり永久脱毛ではありませんのでこの記事の内容とは関係ありません。

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6303-3899
http://www.electrolysis-tokyo.com/

シンシアリーの脱毛方法

脱毛の種類と歴史

ニードル脱毛は日本では正式名称は「美容電気脱毛」と言い、アメリカで130年以上、日本では40年以上の歴史ある永久脱毛法です。
電気分解法、高周波法、ブレンド法の3種類ありますが、いずれも高度な技術を必要とする確実な永久脱毛法です。

日本に電気脱毛機が初めて輸入されたのが1972年、ブレンド脱毛機です。
その後2000年頃まではブレンド法を主流とする美容電気脱毛が盛んで、大手サロンなどどこでも主軸メニューでしたが、2001年以降レーザーや美容ライト脱毛(光脱毛)が流行り始めたことでお客様が激減、エステティックサロンのメニューから姿を消していきました。

しかし、大手エステティックサロンTBCをはじめとする一部のサロンでは、この唯一確実な永久脱毛法である美容電気脱毛を続けてきました。
私自身もサロンを2001年に開業していますが大好きな脱毛をやめることを考えたことは一度もありません。
当時は千葉に店舗がありましたが、遠方からも足を運んでくださる方も多く、たくさんの方がいらしてくださっていました。

そして、続けるうちに私は2005年頃に、ブレンド法からより効率の良く、お客様にとって痛みの少ない高周波法に移行しました。詳しくは省きますが、ブレンド法はプローブを挿入して毛穴の中にアルカリ液を作り、1本の毛を脱毛するのに10秒~15秒かかりますが、高周波法は高周波の高い熱だけで処理し1本に0.01~0.30秒です。非常に効率が良く、痛みも激減しています。

そして高周波法は「フラッシュ法」「スーパーフラッシュ法」「ショートウェーブ法」など、日本では様々な呼ばれ方をしていますが、正式名称は「高周波法」です。

サロンや脱毛機によって毛1本にかかる秒数の設定に違いがあるため、それに沿った呼び名をしているようです。アメリカでは「サーモリシス」です。

ブレンド法と高周波法(スーパーフラッシュ)

どちらの方法が良い悪いではなく、ブレンド脱毛を習得した基礎があってこそできる高周波法だと思っています。私の場合、大手サロン勤務時代から両方の技法をしていましたが、数えるとブレンド法メインで15年続けた末、完全に高周波法に移行して10年以上経ちます。
私が最初にブレンド法を習得した際にかなり厳しい指導をしていただきました。そのおかげで今の高周波法を使いこなせていると思います。それでもブレンド法から高周波法に移行して最初の数か月は自分の中で満点の技術とは言えなかったと思います。
短い時間で確実にターゲットに熱を加えるにはより的確な技術が必要になります。

ちなみにエステティック最大手サロンT●Cも現在は高周波法が主流、ミスパ●はブレンド法です。

では欧米ではどうでしょう。 ブレンド法と高周波法を使い分ける脱毛士もいますが、それは人種による毛質の違いに関係します。黒人の縮毛など曲がった毛穴は高周波法よりブレンド法のほうが確実な処理をしやすいからです。

それでもやはり短い時間でたくさん処理できるため、脱毛先進国アメリカ、特に「Time is money」のN.YやL.Aでは高周波法が主流になってきています。
日本人も直毛なので高周波法で問題なく永久脱毛にすることができます。

ただし、それはやはり的確な技術と経験があってこそ、です。

そのためブレンド法を行う脱毛士の中には「高周波法(スーパーフラッシュ含む)では永久脱毛にならないですよ」とお客様に説明している方もいるようです。

そんな訳はなく技法としては永久脱毛なのですが、確かに「未熟な技術の脱毛士が施術した場合は完全な処理が出来ない」という意味ではブレンド脱毛よりハードルが高いのは事実です。

最近、高周波法のできる中古機が出回り始めましたので「スーパーフラッシュ法」とうたう脱毛士が増えていますが、技法や脱毛機の種類以前の問題として、脱毛士の腕が重要です。

※資格や経験だけでは一概に判断できません。詳しくはブログにて掲載予定です。

シンシアリーの脱毛機

当サロンではこの高周波法に特化した世界で最先端のマシンを使用しています。
日本ではほぼこのマシンを所有する脱毛士はいません。

大きな特徴は日本に出回っている古い脱毛機と周波数が違うため痛みが断然少ない、そして皮膚への負担が少ないです。
処理秒数を0.001~細かく設定でき、だいたい0.015秒~0.025秒の間で微調整しながら施術いたします。

料金はどうやって比較する?

料金に関しては、世界共通は「時間制」です。
同じ1分間でも、処理できる本数で考えれば高周波法のほうが断然安いです。

シンシアリーですと1分で10~20本の脱毛が可能ですので1本あたり平均24円ですね😌!
ブレンド法と比べても、大手サロンの高周波法と比べても、かなり安いということになります。

このあたり、お客様には比較しずらいためかご質問、お問合せが多いです。

シンシアリーの脱毛は体験していただくと、ニードル脱毛に持っていたイメージよりも痛みが少ないので驚かれる方が多いです。

ムダ毛でお悩みのお客様はぜひお試しください。

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/

◆メンズ脱毛について◆

高度なテクニックが必要な美容電気脱毛(ニードル脱毛)

アメリカでは130年の歴史があり効果の永久性、安全性が唯一実証されているニードル脱毛。(正式名称:美容電気脱毛、アメリカではpermanent hair removal)

当サロンは、その中でも世界で最も最新の「0.001~0.030秒の高速な技法」を専門にしております。
永久脱毛を確実に達成するには、より高度なテクニックを必要とします。
プロフェッショナルな脱毛士が「世界で最もハイレベルなマシン」を使用し、ムダ毛のお悩みを確実かつ最短、リーズナブルに解消いたします。

IMG_0609ブログ

当サロンの脱毛士は電気脱毛士のクオリティを管理するAEA(アメリカ電気脱毛協会)が、優秀な脱毛士として認定した人物だけに与えているCPE(認定電気脱毛士:Certified Professional Electrologist)という国際ライセンスを取得しております。
現在、アメリカはもちろん全世界で、医師が電気脱毛士を紹介するときに最も重要視している信頼性の高い認定資格です。
http://www.jsa-cpe.org/ (日本スキン・エステティック協会)
http://electrology.com/ (American Electrology Association)

 

男性のお客様の施術について

◆施術をお受けできる箇所:  陰部を除く全身

※毛や皮膚の状態、体質やお薬等の服用状態によってはお受けできない場合や箇所がございます。脱毛士がカウンセリングにて判断させていただきます。

◆初回ご来店時の注意点:身分証のご提示をお願いしております。

◆料金: 15分¥6000     その後5分単位で延長可能(¥1800~¥2000 長くなると割引)

 脱毛の実際

ご来店のお客様は様々な箇所をされています。
胸、乳輪や髭などの毛はもちろん、レーザー脱毛後にどうしても残ってしまう白髪。
肩や背中、二の腕、胸の毛がレーザー脱毛によって硬毛化してしまった方も増えています。
あとは、眉毛。男性の眉毛は脱毛する範囲はそう多くはありませんが、眉を整えると若返った印象や清潔感が出ます。

ゆうき眉 前

↓↓↓ 周りのムダ毛を整えるだけで印象UP⤴⤴✨

ゆうき眉 後

<体験コースについて>

15分¥6000 → ¥4000

15分間、どこでも何箇所でも脱毛できます。

抜ける毛の本数はやりやすい箇所とやりにくい箇所、毛の方向が揃ってるかバラバラかによって施術スピードが変わりますので一概には言えません。
例えば足などの毛が揃っていてやりやすい箇所ですと15分で150~200本以上可能です。男性の眉ですと平均施術時間は初回は10分~15分程度です。

・テスト脱毛をしたい毛は剃らずに伸ばしてご来店ください。(最低2~3㎜、長い方がやりやすいです)
・髭などのお顔脱毛ですと、伸ばしてご来店するのが難しい方もいらっしゃると思いますが、ピンセットでつまめるくらいあれば何とか施術いたします。
・脱毛後は30分~数時間は赤みや腫れが生じますが翌日には気にならない程度です。
・当日は入浴、アルコールなど身体が温まる行為やプールやサウナなど雑菌の入るような行為は避けてください。

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6303-3899
http://www.electrolysis-tokyo.com/

指毛よ、さようなら♥

指の毛はレーザーや光では減りにくい 

「指の毛」は手も足もご要望が多いです。

電気脱毛、ニードル脱毛だともちろん永久的に無くせますが、レーザーや光脱毛ですと減りが悪い箇所です。なぜでしょうか・・?

ヒジやヒザなどの関節で角質が厚いところは照射の際にエネルギーが届きにくいのでしょうか・・

か、照射しにくい箇所なので単にあたってないのか・・

なので、ニードル脱毛の希望箇所として必然的にヒザ、ヒジ、指のお客様も多いです。

毛根が・・!

これは、抜けた(脱毛処理後)毛です。

なんて可愛らしいのでしょう😍

ツイザーの大きさと比べてみてください。細~い、産毛のような薄い毛です。

指毛2

 

え?見えませんかー?

じゃぁ、アップで。

指毛2

こーんな小さな毛なのにしっかりと毛根、毛球が・・。

どんなに細くて小さい毛でも成長期の毛だと、なんとも美しい毛根がキレイにツルッと抜けてきます。

もう生えてくることの無い毛、この世との別れ・・と思うと少しせつないです。

が、それが私の仕事なので無くなってくれないと困ります 😋

指は痛い

こんなに細い指の毛ですが、指や関節部分は脱毛では意外と痛みの強い箇所です。

でも、よく考えてみたら痛そうですよね。

だって足の指の毛なんて自分で抜いたって痛いですよね😵💦

なので、なおさら0.03秒前後で処理が出来る最新の電気脱毛(ニードル脱毛)法=スーパーフラッシュ(高周波法)がおすすめです!これなら痛みも格段に少ないです。

痛みには個人差がありますが、たいていの方が痛いと言われる指毛でもこの程度?思ったより平気、ってくらいですので、他店で痛くてあきらめた方も光脱毛やレーザー脱毛で無くならなかった方もぜひお試しください。

「ニードル脱毛は痛い」と思っていらっしゃる方、それはもう昔の話です 😉✨

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/

 

硬毛化①

脱毛して逆に毛が濃くなる?

本日は最近、お客様からご相談の多い硬毛化」してしまった場合についてです。
硬毛化でお悩みのお客様は確実に増えています。

硬毛化とは、
光脱毛やレーザー脱毛後に、産毛や軟毛が脱毛する前より太く目立つ毛になってしまう
とです。
特に硬毛化しやすい箇所二の腕や肩、うなじ、背中、お腹、あご、フェイスラインです。もともと細い毛や産毛がなりやすいのです。

当サロンのお客様(許可をいただいて掲載)
※レーザー脱毛照射後(一時休止後、再開されて2回目照射くらいから硬毛化)
※二の腕(明らかに元より太く長い毛になっています)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なぜ硬毛化してしまうのか。

ここに資料があります

レーザー脱毛機メーカーであるキャンデラ社が実施したアンケート結果及び報告(対象施設数:68施設)

硬毛化した症例経験がある施設 54%
・好発部位:上腕、背中、肩、うなじ、フェイスライン
・高出力で照射した方が硬毛化しにくいという報告があるが、逆に硬毛化が増えたという回答も見られた。
・毛の再生組織が破壊し切れなかった場合に、熱刺激により毛の成長が促進され太く長い毛となることが推測される。

また、万が一硬毛化してしまった際の対処方法についても議論されたようですが、ドクターによって意見はさまざまで、簡単に結論づけられないようでした。
そして脱毛機器による差はないとのことで、GentleLASE®でとくにおこりやすいというわけではなく、多種機器を使用するドクターはどの機器においてもほぼ同じ頻度で起こり、やはりその方の体質によるとのことでした。

また、硬毛化を起こしやすい方の特徴として毛の密度の高い(濃いめ)の方、ニキビ肌の方、ピルを内服している方、婦人科的にホルモンバランスの乱れている方、肌の色の濃い方、20歳台の若い方に多いという報告もあったようですが・・

実際は・・?

これについて、私の感覚としては一概には言えないなぁというのが実感です。
シンシアリーには最後の手段として電気脱毛(ニードル脱毛)を希望して硬毛化の相談にお見えになる方は必ずしも上記に当てはまりません。

要するにハッキリとした原因はわかっていません。

ただ、エステの光脱毛よりも医療機関でのレーザー脱毛後の方が硬毛化のご相談が多いのは事実です。
恐らくそれだけレーザー脱毛の方が強力なエネルギーだからでしょう・・

少し専門的になりますが、レーザー脱毛は黒い色に吸収される波長の光を照射して毛穴に熱を作り出し、毛隆起という皮脂腺開口部の下あたりの組織にある幹細胞を作った熱で凝固させるのが目的です。

ですが、産毛や薄い色の毛は、完璧に脱毛ができるほど毛に黒い色素が無いため中途半端な温度の熱しか作られず肝心の幹細胞は凝固されないのに、強力なエネルギーが刺激になってしまって活性化してしまい、硬毛化してしまったのではないかと思われます。

レーザー脱毛や光脱毛は日本で流行り始めてまだ10~15年で歴史が浅いのです。そのため、最初は予想していなかったことや、まだわかっていないこともあるのです。

普段は照射する側の看護師さん達の中にもご自分へのレーザー照射で硬毛化してしまいご来店いただいておりますので、最新情報をお聞きしたり、時々ご紹介で患者様がお見えになることもございます。

今や産毛や軟毛にレーザーを照射すると硬毛化してしまう可能性があることは、レーザー脱毛を行う医療機関ではどこでも事前に説明していますので、光脱毛サロンでも起こりえることはきちんと説明すべきですが残念ながら説明していないサロンが多いのが現状です。

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/

リアル毛周期★毛のステージ(成長段階)

  毛周期・・

・・って言葉はよく聞きますよね。

脱毛サロンに行くと必ず説明を受けます。

毛が生えて、伸びて、抜け落ちることを毛の毛周期といい、それぞれの毛はこれを繰り返しています。
毛は終わりなく伸び続けるのではなくて一定期間伸び続けます(これを成長期という)
やがて退行期に入り毛の成長がストップし、休止期と呼ばれる今にも抜け落ちそうな状態になるのです。

私たちが目にしている自分の毛達はみんな同じように見えても実は生えてきたばかりの毛もあればもうすぐ抜け落ちそうな瀕死の?毛もいます。

この瀕死の毛が「休止期」です。もう伸びてなくてくっついているだけなのでカミソリで剃ると、短いままいつまでも伸びずに抜け落ちるのを待っています😢

休止期の毛は身体を洗ったりブラッシングするうちに自然に抜け落ちていきます。
例えば髪の毛は1日に抜け落ちる本数が80~100本と言われています。もちろん、これは抜け落ちるべき休止期の毛。
こういった毛は抜けた毛の毛根をみると白い球のような状態になっています。髪の毛に限らず、例えばまつ毛エクステが取れた場合に一緒にくっついてる根元を見てみてください。白い球がついてるはず!!

当然、電気脱毛(ニードル脱毛)をしていてもこういう毛があります。
できれば成長期の毛を脱毛するのが望ましいのですが、毛根の状態までは見えませんので基本的に確実に成長期の毛を選んで処理するということはできません。
なので、抜いてみたら白い球のついた休止期の毛ということもあります。

脱毛士としては確実に脱毛効果のある成長期の毛を処理したいし、大げさに言うと成長期の毛がキレイにズルッと毛穴から出てくる瞬間の快楽のために脱毛しているようなものなので😅 抜けてきた毛が白い球だと「Oh!NO!~😭」って気持ちになります。

※ただし、シンシアリーの技法「高周波法」は全てのステージの毛に有効であると言われていますので休止期の段階の毛にも効果がございます。

毛周期のイラストを本物の毛で★

今日は良い見本になるような毛が処理できましたのでリアル毛周期を撮ってみました。

よくテキストなどで見かける毛周期の絵

毛周期2

リアル毛周期画像 ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真ん中が脱毛士がテンションの上がる「成長期」の毛、一番右の毛が抜けてくるとガッカリする「休止期」の毛です。

表面では同じように見える毛でも毛根の状態は全然違います。

この他にも抜け落ちたばかりでお休みしてる毛穴や、毛が育ち始めてまだ毛穴の中から顔を出していない毛などもあるため、よく言う「表面に見えている毛はほんの一部」というわけです。

実際の毛の量とは

ワキの場合で、実際の毛の量は見えている毛の3倍・・とか説明を受けると思いますが、眉毛などの顔の毛ですと表面に出ている毛の8~10倍の毛が潜んでいます。

特に眉毛などは毛抜き等の処理をしている方が多く、伸ばしきるなんで何年もしていないと思います。なのでいつも見ている毛量なんてほんの一部なのです。
たまに一度脱毛して表面がキレイになると、もう生えてこない気がする・・とおっしゃる方がいらっしゃいますがそんなはずはありません。残念ながらまだまだ毛は生えてきます。

ただし、顔の毛は周期が早いので、いざ永久脱毛を始めると意外と早く完了します。(半年から1年)
1回にかかる時間は眉毛のムダ毛で15~30分くらいです。

まだ眉毛の毛を抜いたり剃ったりしてお肌を傷めてしまっている方は、ぜひ体験コースをお受けになってみてください。 (15分¥4000)

何回か処理してラインが整ってくると、書き足すときなど左右の違いで悩まなくなりますので
とっても楽です😉💞

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/

乳輪のムダ毛の脱毛

ご要望の多い箇所とは

2001年頃から日本ではレーザー脱毛や光脱毛が主流になってきましたが、電気脱毛(ニードル脱毛)はどんな毛のお悩みでも解消してくれる歴史ある永久脱毛法として根強い人気があります。

電気脱毛専門の当サロンのお客様からご要望が多い箇所は・・

1位 レーザーや光脱毛ではできない部位や照射してはいけない部位

「目の周り」「粘膜」「色の黒い部分」

2位 レーザーや光脱毛で効果の少ない毛

「口周り、頬」「色素の薄い毛」

3位 レーザーや光脱毛で逆効果=硬毛化してしまった毛

「二の腕」「肩」「えりあし」

乳輪周りではなく乳輪

今回のテーマ、乳輪のムダ毛。
1位の「色の黒い部分」です。そう、乳輪の周りではなく乳輪の中の毛です。
お悩みの方が多く、とてもご要望の多い箇所です。
急に太い毛が生えてきた方、抜いていたらどんどん太くなってしまった方など。
皆さん、悩んでいるのは自分だけかと思った・・とおっしゃいますがそんなことは全然ありません。

本数は数本から数十本まで、生え方は個人差がありますが、ニードル脱毛なら安全に脱毛ができて必ず無くなります。

費用は?何回くらいで無くなるの?

よくいただくご質問です。

毛には毛周期があり、表面に生えてきている毛の何倍もの毛が眠っていて順番に表面に生えてきます。
そのことはご存知の方も多いと思います。
抜いたりせずに生やしっぱなしにしていたとしても、表面に出ている毛は全体の一部なのです。
その割合は箇所により違います。ワキはよく3倍とか言われますが、眉などのお顔の毛は毛穴が多く、お休みしている毛は10倍とも言われています。

なので、永久脱毛を本当に完了させるにはそのお休みしている毛が生えてくるのを待って順番に脱毛していくのです。そのため1年から2年の期間が必要になります。
もちろん、完了ではなく毛が減ればいいという箇所は途中でやめれば良いわけです。

でも、乳輪のムダ毛は完璧に無くしたい箇所ですね。

★ 事例(実際の乳輪の毛) ★初回

乳輪

イメージがわきやすいように、実際の乳輪の脱毛後に処理した毛を並べてみました。
お悩みのお客様の左右にこんな感じで生えているのが一番平均的でしょうか。

個人差があって、少ない方は片方2~3本ですが、多い方や男性ですと片方で30~40本くらいの方もいらっしゃいます。

電気脱毛の費用は時間料金。ということはムダ毛の量次第です。
この画像のような生え具合ですと本数は初回合計で40~50本。
その後、お休みしている毛も生えてきたら処理していきますが、無くしていく脱毛法なので徐々に生えてくる本数が減っていきます。
初回の後、1~2ヶ月に1回程度、1回に10~20分(¥5000~¥8000くらい)で1年~1.5年として、完了までにかかるお時間をトータルすると120分~180分くらいでしょうか。

費用のお問合せが多いのですが、毛の量を拝見しないとお答えできないので、参考にしていただけると良いかと思います。

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と知らない「脱毛の種類と効果」

減毛と永久脱毛

現在、医療機関やエステサロンで行われている脱毛は大きくわけると、

①レーザー脱毛
②IPL脱毛(光)
③美容電気脱毛(ニードル)
④ワックス脱毛、糸脱毛

になると思います。

①のレーザー脱毛は医療機関でのみ受けられます。エステサロンではやってはいけません。
②の光脱毛(IPL)はいわゆる脱毛専門店(ミュ〇や銀座カ〇ーなど)
③の美容電気脱毛(ニードル脱毛)は老舗のエステティックサロンや一部の医療機関
④のワックスや糸などの一時的脱毛は専門店の場合が多い

脱毛効果

お客様が求める脱毛効果も様々ですが、「もう生えてこないようにしたい」、「不再生にしたい」、といういわゆる永久脱毛かどうかという意味では・・

ワックス < 光(IPL) < レーザー < 美容電気脱毛(ニードル)

美容電気脱毛(ニードル脱毛)はレーザーや光(IPL)脱毛ができない目の周りや粘膜の毛を脱毛したり、何回照射してもどうしても無くならない毛や減りにくい箇所の毛を無くす最終手段として選択されることが多いです。
細いプローブを伝い、高周波の熱が毛穴の中の幹細胞を凝固するという、そのメカニズムや130年の歴史で永久効果が実証されているからです。

epi_step_2

電気脱毛(ニードル)の効果ははっきりしていますが、光(IPL)とレーザーの違いがよくわからないという方が多いのではないでしょうか?
どちらのエネルギーが強いか弱いかで言ったら、レーザーの方が強力です。

ですが、、そこまで強いエネルギーで脱毛しなくても効果に満足する方はするのです。

脱毛専門店での光(IPL)脱毛では平均すると8回~12回くらいと言われることが多いです。
これは本当に平均で、中には5~6回でほぼ気にならなくなる方も実際にいらっしゃいます。
でも逆に15回~20回くらい通っている方もいらっしゃいます 😅
※この場合はもう少し早く他の方法に変更した方が良いと思います。レーザーで24回も通ったけど何故かいつも同じあたりの毛が再生してきて減らない・・という方がいらっしゃいました。(ちなみに太ももです)

レーザーもそうですが、光(IPL)脱毛は黒い色に吸収される波長の光を照射して熱を作るので、その効果は毛の色や皮膚に左右されます。そのため、本当に個人差があるのです・・

減毛・抑毛

価格的に一番リーズナブルと思われる光(IPL)脱毛が合う方はラッキーということですね。 ただし、その「毛が減った!」と喜んだ効果が永久かというと残念ながら違います。

今時は光脱毛が永久脱毛法と思っている人は少ないと思いますが、黒い色に反応させるメカニズムなのでどうしても反応しない色の薄い毛や照射できない粘膜箇所、 原因不明で減らない方(箇所)、一定期間で生えてこなくても数年して生えてくるもいらっしゃるのが現状です。

「エステティシャンのための美容ライト脱毛 実技理論」という 公式なテキストにも美容ライト脱毛(IPL)は減毛、抑毛であるということをカウンセリングにて説明するようきちんと記されています。

ですが、世の中には本当にたくさんの脱毛専門店がありますが果たしてどれくらいのサロンがはっきりとそれを説明しているのでしょうか。ほぼされていないと思います😥

回数や料金の説明で終わるところがほとんどです。

エステティック業界内でレーザー、ライト美容脱毛機器適合審査制度がスタートしたのが2007年で、 美容ライト安全講習会の第一回の開催が2011年だったので ようやくこれから少しずつ変わっていくのでしょうか。
でも、意外にも、誰でも知っているような大手脱毛専門店でもこの講習会に参加していません。スタッフのせいではなく経営者の教育指導の問題ですが、残念ながらこういった正しい知識はや情報は店舗の売上には関係ないということでしょうか・・

ちなみにアメリカではエステ脱毛といえばワックスです。 眉毛やデリケートゾーンのお手入れをする方が多いようですが、日本みたいに全身を脱毛している方、脱毛人口は少ないようです。
毛の色が黒いのが理由だと思いますが、日本の女性は世界でも特に毛を気にする、永久にこだわる美意識の高い人たちだと思います😊

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/

お顔や眉毛の永久脱毛も可能★

眉毛や周りのムダ毛・・

特にマブタや眉間などは毛抜きで抜いている方も多いと思います。

でも、毛抜きやシェーバーなどの自己処理はお肌を痛める結果になりますし、毛の周期の早い眼の周りはどんどん成長してきますので毎日のように抜いている方もいらっしゃいます。

それを繰り返していると・・・ 😥

自己処理 眉

このように1本1本も太くなり密集したように濃くなってしまいます。
また、毛穴が引っ張られて鳥肌のように目立ってしまったり・・

このように埋もれ毛になってしまうこともあります。

※女性の口周りと顎裏です。

口周り 埋もれ毛 顎裏 埋もれ毛

埋もれたけを出そうとピンセットや爪で引っ掻いてしまったりして、毛穴の周りが色素沈着になってしまいお肌が茶色くなってしまっています
このような自己処理を繰り返してしまい、お肌が荒れてしまった方にもニードル脱毛はオススメです。
このような毛やホルモンの影響で濃くなってしまっている方の中には、レーザー脱毛などに通い一度はキレイになったものの毛が再生してきてしまった方もけっこういらっしゃいます。

ですが!電気脱毛=ニードル脱毛なら確実です。

20年以上の経験上、多毛症やホルモンの影響のあるような場合でもきちんと結果が出ています。

処理にかかった時間で費用が決まりますので、多毛の方はトータル時間は多くかかります。
でも、1本1本の毛に対しての処理効果は毛が多かろうと少なかろうと関係なく確実なので、一度脱毛処理した毛穴からはもう生えてきません。必ず終わりのある脱毛法です。

特に眉周りやく口周りは、脚などのように範囲は広くありませんので多い方でも3~6か月で激減します。
あとは満足度に合わせて残りの期間をお通いいただくので個人差があります。
よくワキの脱毛が完了するまでに1年半から2年と言われていますが、お顔の場合は平均すると半年から1年くらいです。

ちなみに、間違いやすいので補足ですが、これは電気脱毛(ニードル脱毛)の場合です。

IPL脱毛のような光脱毛の効果は「減毛、抑毛」ですので脱毛の完了はあり得ません。
広告によくある「2年完了コース」等は2年間で「通う期間が完了です」、という意味で2年で毛が完了=生えてこなくなるわけではありません。
特に毛の色の薄いお顔の毛はIPL脱毛では減毛効果も感じにくいのでオススメではありません。

身体の広範囲の毛は減毛してくれればかなり目立たなくなりますのでIPL脱毛、光脱毛もリーズナブルで良いと思いますが、確実に無くしたい毛や完了させたい箇所、色の薄い毛は電気脱毛(ニードル脱毛)が近道です。

海外で見かけるお顔の「糸脱毛」も結局は抜いていますので、お肌のデリケートな方はやめておいた方が良いでしょう。

それにしてもお顔の毛って・・
薄い毛でも有ると無いのとでは顔色も変わりますよね?!クスミが取れて明るくなります😉

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/

ブラジリアンは永久脱毛で♥

雑誌やメディアで特集が組まれる程、話題のブラジリアン脱毛!!

海外の人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』~Sex and the City~で認知度があがったアンダーヘアのお手入れは欧米女性の身だしなみだそうですよね。

私たち、日本人の間でもニーズが急増中なのです♥
ブラジリアン脱毛とかハイジニーナ脱毛と呼ばれています。

i

特に海外では脱毛というとワックスでのムダ毛処理が多く、日本でもブラジリアンワックス脱毛が流行っています。もちろん一時的な処理で永久に生えてこなくなる訳ではありません。
また、専門のプロの方がしてくださっても抜くという行為には変わりないので、肌に合わずに荒れてしてしまう方や埋もれ毛になってしまう方も・・・

でも、処理したあとはとってもスッキリします!!

ブラジリアンスタイルを永久脱毛したい方へオススメなのが、美容電気脱毛→デリケート部位でも痛みの少ないスーパーフラッシュ法です!!!

叶恭子さんもアンダーヘアはニードル脱毛してすでにツルツルだそうです 😉

IPL脱毛(光脱毛)である程度キレイになっても再生してくる可能性がありますが、ニードル脱毛(美容電気脱毛)ではそのようなことはありません。 1本1本、丁寧に脱毛処理し永久脱毛を実現します。

★デリケートゾーンの白髪

★せっかく脱毛したけど残ってしまった粘膜部位

↑このような毛は、残念ながら光脱毛、レーザー脱毛ではどうにもできません。

特に粘膜部位の永久脱毛は人気です。 中央部分だけ残ってしまっている毛はとても気になるようで、光脱毛と同時進行で通われている方もとても多いです。

痛みも比較的少なめですし、ニードル脱毛は毛の色などが影響することもないので効果に個人差もありません 😉

初回カウンセリング 無料
トライアル価格15分 ¥4000

ぜひご相談くださいませ。

★ 東京の電気脱毛、ニードル脱毛 ★
プライベートサロン シンシアリー
TEL:03-6452-3616
http://www.electrolysis-tokyo.com/